カンボジアの日本への技能実習生希望者は多いです - カンボジアの技能実習生とは

カンボジアの日本への技能実習生希望者は多いです

subpage01

外国人技能実習生制度というものがあります。

これは、開発途上国において、将来、自国を牽引できるスキルを身につけるために、先進諸国に行って、そこの現代的技術や技能、知識を習得させようというものです。そして、人材育成を行い、自国の経済の発展と産業振興の中心人物となることを目的としているものです。
こういったニーズに対応するために、日本の産業界が、一定期間、開発途上国の青年を受け入れて、日本の持っているテクノロジーや技能等を習得してもらうシステムが、外国人技能実習生制度なのです。

カンボジアの技能実習生情報全般について知りたい方のお手伝いをします。

これは、日本が国家として行っている国際協力、及び国際貢献の極めて重要な制度になります。中でも、カンボジアの技能実習生が注目されています。


カンボジアは、人口が約1、500万人で、ほとんどが仏教を信仰しています。
この点でも、日本人と共通した部分があり、また、お年寄りを敬ったり、気配りに細心の注意を払う点も、日本人と価値観を共有している部分があります。



素朴で勤勉、温和な国民性でも知られています。



カンボジアの人々は日本人への敬意を持っており、日本企業にも多大の尊敬の念を有しています。
反日的傾向は全くありません。
カンボジア経済は決して好調とは言えませんが、同国の治安は至って良好で、この点にも仏教精神の浸透が感じられます。同国への日本からの経済支援に応えるべく、日本への感謝の念から、日本で学習して労働したいというカンボジア人の数は、決して少なくありません。