カンボジアの技能実習生とは - カンボジアの技能実習生とは

カンボジアの技能実習生とは

subpage01

外国人技能実習制度がはじまり、カンボジアから日本へと、企業での技術や知識などを修得するために、多くの若い技能実習生が訪れています。カンボジアの人は、穏やかな環境で育っているので謙虚で素直な国民性を持っています。

注目のカンボジアの技能実習生が有名になってきました。

カンボジアの将来を担っている若者に、優れた日本の技術を学んでもらうことで発展に貢献していくことになります。


技能実習生の多くは地方出身者で、シャイな人が多いです。



大家族の家庭が殆どで、両親や家族を大切にする協調性や、年配の人を敬うことや気配りなどをするなど日本の国民性と似ている部分が多くあります。
素朴で温厚な性格で、素直で誠実な国民性と、勤勉で穏やかな性格は日本でも大変高い順応性を示しています。
実際、実習生を受けいれている企業からも、真面目な性格には評価が高いです。
元々、日本は最大の援助国で、日本に対しての憧れや尊敬の念が強いようです。

そのおかげか、他の国よりも信頼度が高く、輸入している電化製品や車の品質の高さなどから、日本でその技術を学びたいと考えている若者は多くいます。

実習を送り出す機関では、日本に行った時に困ることがないように様々な支援を行っています。

その中で、日本語の教育研修は欠かせません。


受け入れ先での企業の技能実習をスムーズにするためにも、日常に必要な日本語やマナー、文化などを教えていきます。



また、企業の職種や専門用語、規則なども研修で学ぶので、現場に行っても出来るだけトラブルにならないように技能実習生をサポートしています。