カンボジアの技能実習生 - カンボジアの技能実習生とは

カンボジアの技能実習生

subpage01

カンボジアでは日本に送り出して日本の技能や知識などを修得させる技能実習生の制度があります。

日本の質の高い技能などを学ぶことでカンボジアの発展や貧困の改善などに成果が出ています。


カンボジアでは家電製品や自動車やバイクなどの日本製品が販売されていて、その品質には高い信頼があります。

カンボジアの技能実習生が最近こちらで話題になりました。

日本製品への信頼から日本企業で技術を学びたいという若者も増加しています。



日本の企業では技能実習生を受け入れることで国際交流が行なわれますが、その国際交流を通じて海外へ事業を発展させるチャンスを手に入れることにもなります。さらにカンボジア人は真面目で実直な性格の人が多いので、技能実習生が働いてくれることで大きな生産力につながります。



実習生は事前に日本語研修をしっかりと受けてコミュニケーションに問題がないように送り出されています。
コミュニケーション能力は受け入れ企業での生産活動に大きく影響するので、特に「話す」と「聞く」の能力の向上に力を入れています。


日本語の他にも日本での礼儀作法やマナーの指導があり、全寮制の訓練センターでは共同生活を通して強調性の訓練などが行なわれています。技能実習生の多くは日本人と同様に仏教徒で食文化も日本と似ている文化を持っています。
そのため、来日してからも日本の文化に馴染むのが早いという特徴があります。

カンボジア人は視力が良く、手先が器用なので縫製工場や精密機械工場などでも活躍しています。